Kindle本出版キャンペーン

SK-1ショーリンジャー

    ショーガックの作り方

  :石炭をダイヤモンド

      に変える技術」 

      八木橋正覚

 

もう一人の開祖の声が聴こえたから。
 

ある時に構わないから、出過ぎるぐらい、やってみろ!」という、

もう一人の開祖の声がある時に聴こえたから、この本を書いています。

今までのジブンは、人の背中ばかり追いかけていました。

 

言われたことに対して、深く吟味をせず、鵜呑みにしてばかりでした。

ショーリンジャーの群れの中にいたのです。

 

でも、実は本当はもうジブンでも、「前に出てできる」んですよね。

太平洋戦争後、国を建てなおした中心的な人物は30代の若者が多かったのです。

 

誰もやったことがない「前例がない」時期には、ゼロから

そういった成功パターンを作っていかなくてはいけなかったからです。

 

だから、若者が活躍できます。自分で工夫しながら、より実践的な

内容に練習メニューは変えていけます。自分は「最終的に、勝つ」ために、

少林寺拳法をしたいです。

 

「守主攻守」はあくまで、原則です。そういう気構えである

必要があるという前提に過ぎないのです。

 

 

健康オタクやダイエット法マニアに

なることが、目的ではありません。

 

「総合ルール」になれば、平気でこちらとはお構いなしに、「先手必勝」で

仕掛けてきます。そこで、対応できなかったら、

「ショーガック」はいる意味がなくなります。

 

自分は「最終的に、勝つ」ことを目標に頑張っているのですから。

そんな時、「構わないから、出過ぎるぐらい、やってみろ!」という

開祖の声に救われました。自分はもう、できるんだ。

 

「対の先」も「先」もどっちだって、使えます。

 

「勇気を持って、己に闘いを挑むファイターである」という

俺自身のモチベーションは、『リングで戦う少~法』

信念レベルで貫いた結果、オレの得たものです。

 

そう、だから「出過ぎるぐらい」で、調度いいのです。

 

 

「ひとりでも多くの、社会に役立つ

ショーリンジャーを創りたい」

 

「ひとりでも多くの、社会に役立つショーリンジャーを創りたい

という開祖の志はすでに僕たちに受け継がれています。

 

自分は少しでも、みんなの役に立ちたいのです。そして、学生たち、弟子たちと

いっしょに新しい少林寺拳法を創って行きたいと思っています。

 

SK-1ショーリンジャー・ショーガックの作り方